アニメにおける催眠状態キャラの表情

アニメにおける催眠状態キャラの表情

催眠術にかかったときの表情

催眠状態になると、顔の表情筋も弛緩し、とろんとした表情になります。
表情筋には、頬筋・口輪筋・眼輪筋・笑筋・口角挙筋・口角下制筋・オトガイ筋などの筋肉があります。
眼輪筋がゆるむと、とろんとした目や視点だ定まらない目になってきます。
上眼瞼挙筋やミュラー筋がゆるむと瞼が下がってきて半目になってきます。
特に上眼瞼挙筋の遅筋が弛緩すると、瞼を大きく開けたままキープするのが難しくなってきて、瞼は下がってきて眠そうな表情になります。
頬筋や笑筋がゆるんで力が入らないと、とろんとした感情に乏しいような表情になります。
催眠術にかかると、口角挙筋もゆるむことから口角が下がる傾向にあり、オトガイ筋や口輪筋がゆるむことで、口が半開き状態に開きやすくなってきます。

 

催眠術にかかって、ボーっとした感じになっているときの脳

催眠術にかかったときに、よくしゃべる人の口数が少なくなっって、ぼーっとしたような表情をしていたり、無感心、無感動のような表情になっているのも、催眠術によって前帯状皮質(ACC)が抑制されていることと深く関係があるのではないかと考えられます。

また催眠状態になると、大脳の46野の活動は、ほとんど活動しなくなると言われていて、そのため催眠術師の言うことだけがクローズアップされた感じになって周りのことが気にならなくなったり、催眠暗示で言われたことに対して批判の目でみるフィルターが溶かされ、素直にそのまま催眠暗示を受け入れてしまうという現象がおこります。

催眠状態のとろんとした目

催眠状態になると、半目状態、そこまでいかなくてもいつもよりは少し瞼が重くて下がっているような感じになったりします。
催眠状態では、この上眼瞼挙筋の速筋線維に加えて遅筋線維も抑制されて弛緩してしまっているので、瞳を開き続けた状態でいるのが難しくなり、自然と瞼がだんだんと下がってきて半目状態になってしまうのではないかと考えられます。

 

アニメで催眠術にかかり催眠トランス状態になっているキャラの表現では、いかに催眠状態の目の表情を表すかということになります。
催眠状態になった人の目、すなわちトランス凝視(trance stare)という状態は、次のような特徴があります。

 

a glazed look in the eyes 
つまり、「とろんとした目」
さらに
staring eyes and almost petrified stance
見つめる目、ほとんど石化してるような状態の目

催眠術にかかっちゃっている人をみると、目がとろんとしちゃっていたり、視点が定まらないような感じだったりしますが、まさにそういった表情になります。

 

さらに催眠状態に誘導された人の目をみると、催眠誘導凝視 (HIS:The Hypnotically Induced Stare)という状態になります。

 

まばたきの頻度が著しく減少し、瞳孔の大きさはわずかに小さくなり、サッケード(saccade)と言われる眼球運動が抑制されてきます。
催眠状態になると、このサッケードの振幅や速度は抑制されます。

催眠状態の目の表現方法

催眠状態の目の表現方法は、いろいろあります。
ディテールにこだわり、質の高いものとなると難しいですが、催眠状態の目を表現したもので、よくアニメやコミックにでてくる表現方法について、まとめてみました。
こんな感じということでざっくり作っています。
それぞれの組み合わせや、ディテールをつめていくことで、さらに表現が広がっていくと思われますが、ちょっとした工夫で、催眠状態の目の表現は、いろいろあるように思います。

目の内側からカラフルに広がる波紋で表現。欧米などのアニメやコミックに多い表現です。 瞳がうずまきになっている表現方法で、欧米のアニメやコミックで多くみられます。 虹彩は上部が濃いグラデで、瞳孔は小さく、遠くの一点をぼんやりみつめてる感じの表現 赤目は催眠状態というより、洗脳やマインドコントロールされ、相手に染まっている感じのときによく用いられます。 虹彩の部分をグレーなど一色にすることで、意志を奪われ石化したような目を表現しています。 虹彩の部分に下がやや薄い色にしてグラデをかけることで、ボーっとした催眠状態を表現しています。 薄いグレーなどで固まってる虹彩を表現し、そこに小さい瞳孔を入れることで催眠状態を表現しています。 下が薄い色のグラデに小さい虹彩を入れて、ボーっと遠くを眺めた状態を表現しています。 瞳孔の周りに波紋を入れることで催眠状態で頭が支配されてる表現になっています。 瞳孔の周りの波紋のグラデバージョンで、やはり頭が支配されてる感を演出しています。 虹彩の下のほうを濃くして催眠状態でどんよりとした瞳を表現しています。 瞳のグラデの中で虹彩の下部にアクセントをつけてどんよりとした感じを出しています。 虹彩の部分をグレーでぼんやりとぼやかすことで、頭の中がぼやけてボーっとした状態を表現しています。 虹彩部分のぼやかし部分を小さくすることで、より深い催眠状態をイメージさせています。 まぶたを少し下げて催眠状態で眠そうな雰囲気を出しています。 瞼を下げることで、催眠状態でとろんとして眠い感じを出しています。 瞳孔ではなく虹彩部分の上部と下部で色の濃淡をつけることで変性意識状態をイメージさせています。 目の光沢をなくし下部を薄くすることで催眠状態を表現しています。

リアルに近い表現で催眠状態を表現

アニメやコミックを見てると、催眠状態の目をいろいろな手法で表現していたりしますが、瞳の色を変えたり、虹彩にグラデーションをかけたり、していなくても、催眠状態のような感じなんだなっとわかるような描写も結構あります。
その中で、私がこれと思ったものを紹介します。

トランス凝視はいってる感じで、瞼も下がってきていて眠そうな表情、さらに視点が固定してしまっている感じがでています。
一見普通の感じの目ですが、顔全体がとろんとした感じで、目もなんとくなくボーっとして眠そうで催眠術にかかっているような感じがでています。

俺物語!!の砂川愛姉さんの催眠状態表現


『俺物語!!』に登場してくる砂川愛姉さんは、非常に催眠術にかかりやすいキャラという設定になっていますが、その催眠状態の顔の表現は、うまく表現できていると思います。

とろんたした瞳はもちろん、重たそうな瞼、口角が下がって少し開きかけた口、頬などをはじめとした力が抜けて無表情な感じの顔全体といった具合で、文字で「ポカ~ン」と書いちゃってるところはありますが、文字がなくても眠そうでボーっとした感じになっていてポイントが抑えられていると思います。

科学的に実証されたマインドコントロールマニュアルの決定版!!!

tun200

恋愛、ビジネス、対人関係を思いのままに操り、望み通りの豊かな人生を手に入れる

 

 

● マインドハック理論編+実践編〜悪魔の福音書、マインドコントロールマニュアルの決定版〜

 

● マインドハック理論編〜悪魔の福音書、マインドコントロールマニュアルの決定版〜

 

「本気で催眠術をかけたい人の」のための本。古典的な催眠の掛け方はこれ一冊に網羅されています。

 

 

催眠術の基本的な内容がわかりやすく書かれていて、NLPのテクニックもコンパクトにまとめられています。

 

人の意識を自由自在に操る最強の催眠術