内 容

ついつい買ってしまった、ノムさんの人生哲学書

書店をぶらついていたら、ノムさんこと野村克也さんが書いた 言葉一つで、人は変わる(詩想社新書) という本がありました。

 

ノムさんといえば、奥さんをなくされて心配をしていましたが、先日の巨人とソフトバンクのOB戦、長嶋巨人Vs野村ホークスに出席し、王貞治さん、松井秀喜さんなどとともに元気な姿を見せてくれていたのでホッとしました。

 

監督のときから、口が悪い中にも、深い愛情を感じられるところが大好きです。
野村監督といえば、ボヤキ節とか、ボソボソというイメージで、どちらかといえばネガティブなイメージなのですが、野村監督が言う「バカやろう・・・」には言った相手への愛情が感じられる独特の雰囲気をもっています。

 

そんなノムさんはいろいろな本を書いてきていますが、次のようなことを言っています。
「上司がいろいろな言葉を駆使して真摯に語りかけたとしても、言われたほうは、その言葉が上司の立場やエゴから出た言葉なのか、本当に自分を思っていっている言葉なのかはすぐわかるものだ」

 

ノムさんの本には、いろいろと人を鼓舞するような言葉がちりばめられていたりしますが、まあ当たり前のことですが、そこに真心があるというのが大前提ということですね。

 

数々の本の中で名言を言っているノムさんですが、仏作って魂入れずというような口先だけ、言葉だけですごくいいことを言っても、真心がないと相手には伝わらない、つまり言葉の裏に何があるのかが一番大事だとしています。

 

監督としては名伯楽、選手としては超一流のノムさんにもこんな時代が

野村克也さんは、監督としては日本一になった監督、そして選手時代も戦後初の三冠王かつ世界のプロ野球史上初の捕手の三冠王、選手出場試合数歴代2位、監督出場試合数歴代3位、通算本塁打数歴代2位、通算安打数歴代2位、通算打点数歴代2位、通算犠飛数歴代1位、パ・リーグ通算安打数1位などの記録をもっている偉大な野球人です。

 

しかしそんなノムさんも、選手時代プロ入りした当初は無名の高校の無名選手としてテスト生から南海へ入団をやっと果たしています。
家が貧しく苦労し、1軍を目指して必死に練習するも1年で解雇の通告をされてしまうのです。三冠王の活躍からは信じられませんが、そんな時代もあったのです。
それでもフロントに直談判してねばり、どうにか解雇は免れました。

 

3年目でやっと1軍から声がかかり、そんな中、滅多に褒めない当時の鶴岡監督の一言
「おう、ようなったな、お前」
が人生を変えたと言っています。

 

愛情をもった言葉の重み、適切なタイミングでの言葉が、どれだけ人を変えるのかということを身をもって実感したのかもしれません。

言葉一つで、人は変わるを手にとってみて

言葉一つで、人は変わる(詩想社新書)」 を手に取り、まずは目次をみて、どんなことが書いてあるのだろうとみてみると、次のような面白そうな内容が目次の項目に並んでいました。

 

たった一言が、その人の人生を変える

「進歩とは変わることだ」・・・カラを破れずにいる人への言葉
「技術的限界にぶつかって、初めて新たな可能性がみえてくる」・・・自分の能力の限界に落胆している人への言葉
「人間は、人からの評価のなかで生きている」・・・上司の評価に不満を持つ人への言葉
「すべての始まりは、感じる力だ」・・・伸び悩んでいる人への言葉
「努力に即効性はない」・・・夢にくじけてしまいそうな人への言葉
「言い訳は進歩の敵である」・・・ミスをした選手への言葉
「何事も必死に取り組む期間がないと、大成しない」・・・伸び盛りの新人への言葉
「信頼関係が思ってもみなかった力を発揮する」・・・選手を化けさせる言葉
「真似ることから始めてみなさい」・・・技術習得に励む人への言葉
「個人記録とは自己満足以外の何物でもない」・・・本当の組織力をつけるための言葉
「人間的成長なくして、野球技術の進歩なし」・・・才能豊かだが思い上がった人への言葉
「味方のチャンスは、相手のピンチ」・・・プレッシャーに押しつぶされそうな人への言葉
「言いづらいことを言うことで、信頼関係が生まれる」・・・信頼関係を築くための言葉

 

「問いかける」ことで人は伸びていく

「君はどうなりたいんだ」・・・潜在能力を引き出す問いかけ
「そもそも論」を問いかけて、腰の重い人材を動かす」・・・成長しようとする人の背中を押す問いかけ
「君は何をもとめられているか、考えてことがあるか」・・・組織で機能しない人材を変える問いかけ
「君は〇〇が好きか」・・・選手の適正を見極める問いかけ
「その根拠はなんだ」・・・選手の成長を促す問いかけ
「頭の片隅に何か引っかかる、それが教育だ」・・・部下に人間教育する際の問いかけ
「ミスをしたときの問いかけで、人は伸びる」・・・成長への原動力を喚起する問いかけ
「本質的な問いかけが、壁を乗り越えるヒントになる」・・・なかなか結果が出ない人への問いかけ

 

運命を変え、夢をつかむ「言葉の力」

「平凡なことを繰り返すことが、非凡を生む」・・・基礎を身に着けようとする人への言葉
「まず、自分を知りなさい」・・・目標を見失っている人への言葉
「結果だけを見ていると、大切なものを見失う」・・・結果ばかりを求める人への言葉
「代わりの人間はいくらでもいる」・・・組織の本質を教える言葉
「技術力不足を、スランプの一言で片づけてはいけない」・・・不調を言い訳にする人への言葉
「細かいことを感じないやつは、大きなことは絶対できない」・・・一流を目指している人への言葉
「やけくそはギブアップ、開き直りはチャレンジ」・・・勝負弱い人への言葉
「長所を伸ばすには、まず短所を鍛えよ」・・・新人への言葉
「固定観念は悪である」・・・新たな可能性を引き出す言葉
「君は自分のことを器用と思うか」・・・自分を見失っている人への言葉
「聞く前に、まずやってみなさい」・・・教えを乞われたときの言葉
「革命を起こしてみないか」・・・江夏選手を説得した言葉
「指導者のもっとも大事な仕事は、部下の意識改革だ」・・・部下の意識改革を促す言葉
「プロであるからには専門家になれ」・・・部下の知識欲を刺激する言葉
「人生の中で出会った人には意味がある」・・・人生を豊かにする言葉

 

一人でも部下がいたら知っておく指導者の言葉

「感情を動かす言葉だけが、人を動かす」・・・ミーティングをする際に心に留める言葉
「相手より先に、答えを言ってはいけない」・・・指導する人が常に忘れてはいけない言葉
「練習で1成長し、実戦で9成長する」・・・人を育てたいと焦る指導者への言葉
「2種類のミスを見分けなければならない」・・・部下のミスに直面した指導者への言葉
「誰に聞いてもいい人という人間は、いいリーダーではない」・・・リーダーの脂質とは何かを知る言葉
「ほめ言葉ほど、指導者にとって難しいものはない」・・・一流の人材を育てるための言葉
「指導者が派閥を作ると、組織はだめになる」・・・組織運営の基本を説く言葉
「組織の力量は、リーダーの力量以上にはならない」・・・初めて部下を持った人への言葉
「どれだけの人を育てたかが、リーダーの価値である」・・・リーダーの真価を知る言葉
「子を見れば親がわかる、選手を見れば監督がわかる」・・・リーダーが肝に銘じておく言葉
「相手との戦いの前に、監督との戦いがある」・・・リーダーの方針を徹底させる言葉
「いま言ってもわからないことを、教え続けなければならない」・・・人生を教えるための言葉
「人を見て法を説け」・・・部下の操縦に悩む指導者への言葉

 

指導者のための言葉の引き出しの作り方

 

そこで、読みだしてみると、期待通りに引き込まれるような内容で、ついついちょっと立ち読みのつもりが、結構なガチ読み

 

 

ふむふむ・・・ へぇ~


 

 

こらこら、お客さん! 立ち読みはダメですよ。


 

 

それじゃ、座りましょうか?


 

 

あのねぇ~、日本語わかるぅ?


 

ってなやりとりはありませんでしたが、読んでいるうちに、その面白さにどんどん引き込まれてしまい、ついに購入してしまいました。

 

目次をみただけでも、興味そそられるタイトルがあると思います。
「野村克也 - 野球 = 0」 とか言っているノムさんなので、野球選手に対する部分もありますが、一般のサラリーマンやOL、学生や主婦、部下の育成は子供の教育に通ずるところもありますし、いろいろな人に役に立つ部分がどこかしらはあるというような本になっていると思います。

 

関連ページ

ぽっかぽか、心も体も温まる足湯
夜、手足が冷えてなかなか眠れないというとき、簡単に冷えに対処できる方法があります。それは足湯ですが、具体的に足湯をどうやって行うのかということについて説明していきます。
世界最小クラスの忘れ物防止タグ、これでも財布も失くさない
お財布をなくしてショック、鍵どこにしまったんだろう? こういった経験はないでしょうか。こうしたことを防ぐための救世主をご紹介します。
絶対インスタ映えする『忍者茶房』KUNOICHI
日常生活におけるいろいろなことについて、ツン姉がお奨めの方法、あるいはお奨めの商品をご紹介していきます。
冬の風物詩、ミカンを甘く美味しく食べる方法
ツン姉が、甘くて美味しいミカンを選ぶ方法、ミカンを甘く美味しくする方法などを、ギャグタッチのツン姉節で説明していきます。
年の瀬、年賀状と大掃除テクのお話
みんな年賀状どうしてるぅ? 大掃除やってるぅ? ということで、年の瀬にちなんで、年賀状の現状と、ツン姉お奨めの大掃除テクを少しばかり披露します。