内 容

お金だけの問題じゃない。財布を亡くした時のショック

 

財布やカード入れなどを失くしてしまって大変なことになった経験はないでしょうか。


 

お金がそのまま無くなってしまうだけではありません。
数千円や2~3万円程度なら、仕方ないかということになりかもしれませんが、大切な貴重品が入っていればショックですよね。
カードや免許証も入っていたなんてなると、再発行に時間がかかりますし、警察に届け出たりすると、いろいろと交番で聞かれて大変な思いをします。
失ってしまった金額以上に、精神的ショックとなったりもします。
ポケットやバッグから飛び出て、落ちてしまうということもあるでしょうし、どこかでポケットから取り出して、そのままうっかりどこかに置いたままにしてしまううっかりもあるかもしれません。

 

私の知り合いに、ズボンのベルトを通す輪っかの部分に紐をつけておいて、それに財布やら定期やらを結び付けている人がいました。
お金を支払うたび、改札を通るたびに、ポケットから財布や定期を取り出すと、それとともに紐もビヨーンと伸びてきます。

 

確かに、これだと常に体にくっついているわけですから完璧ですが、いかんせん見た目があまりスマートじゃないですよね。


 

 

うっひっひ。 そんなことやってもダメだよ~ん!
紐をハサミでチョキーーーンって切ってしまえば、ダメじゃん


なんと、そんなこと冗談でも言っちゃダメよ。
ってか、それ犯罪じゃん!

 

まあ、さすがにハサミで紐が切られるってことまでは考えなくて良いかもしれませんが、何かもっとスマートな方法はないのでしょうか。

ツン姉がお奨めする鉄壁のMAMORIO

そこで私がお奨めしたいのが、その名も落し物 忘れ物 紛失防止タグ MAMORIO BLACK マモリオ ブラック 世界最小クラス 重量3g

 

使用法は、無くしたくないものにくっつけておいて、スマホに専用のアプリをダウンロードするだけ。

 

tsunne

 

置き忘れたり落とすとアラーム、さらにその場所や時間までわかる

 

どういうことかというと、MAMORIOはICチップになっていて、これを財布の中に入れておけばOK!
財布と一定の距離が離れるとスマホのアラームが鳴って知らせてくれるので、置き忘れや落としたことがその場でわかります。
さらに、スマホで落とした場所や時間などが一発でわかってしまいます。

 

 

 

MRMORIOの欠点は?

落とした時、置き忘れた時にわかるだけじゃなく、その場所や時間までわかっちゃうすぐれもののMAMORIO。

 

 

でも、どんな商品でも、メリットがあればデメリットもあります。
そこで、正直なツン姉は、デメリットについてもお話いたします。


 

ってか、自分で「私は正直です」なんて言うか?


 

まあ、それはさておきMAMORIOの欠点

 

MAMORIOの欠点1 :アラームがウザイ

落とし物や置き忘れをした時、アラームが鳴るのは、MAMORIOとスマホの距離が離れて、Bluetooth接続が切れることによるものです。

しかしこの「Bluetooth接続が切れる距離」というのが案外短く、これは、落としたり置き忘れたりしたときにすぐにわかるということにもなるのですが、例えば家の中で移動しただけ、1階から2階に上がったりしただけでも接続が切れたりして、家の中でもバンバン落とし物通知が来たりします。
落としものや置き忘れがなくなるというありがたさ以上に、この通知をおせっかい、煩わしいと感じる人には向いていないでしょう。

 

MAMORIOの欠点2 :使い捨て、バッテリー寿命は約1年

ここが一番のデメリットです。

バッテリーの寿命は一年で、しかもバッテリー残量がわからないところは大きな欠点でしょう。
知らない間にバッテリーが切れていて、アラームが鳴らなかったなんてことになりかねません。

 

忘れ物、失くし物が多い人には、お奨めです。

お財布だけじゃない、鍵にも、バックにも使える

もちろん、お財布だけでなく、鍵につけても、バックに入れてもOK。

失くしたくないものにつけるだけ。
置き忘れたり、落とした時は、一定距離離れた瞬間、スマホがアラームで教えてくれます。

 

仕事に使うノートパソコン、社員証につけてもよし、ペットにつけて見守りに使ってもよし。
置き忘れてしまう前、転ばぬ先の杖に、お奨めの一品です。

 

大きさ 縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mm
重さ  3g

 

かなりコンパクトなのがおわかりいただけるかと思います。

 

 

類似品