内 容

ダイエットと炭水化物

ダイエットというと、有名で広く行われているダイエット法の一つに、『炭水化物ダイエット』があります。

 

私たちは、食事から摂取するエネルギーの多くを炭水化物から摂取していますが、その炭水化物の摂取量を抑えて、摂取カロリーを減らしていくというのが炭水化物ダイエットです。
『炭水化物ダイエット』は、『低炭水化物ダイエット』あるいは、『ローカーボダイエット』『アトキンスダイエット』となどとも言われています。

 

アメリカのロバート.C.アトキンス博士が考案したダイエット方法です。炭水化物中毒の人のためのダイエットで、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すダイエット方法です。

 

炭水化物ダイエットは、実は炭水化物を摂りすぎる炭水化物中毒の人のために、ロバート博士が考案したダイエット法なのです。
いいですか? ロバートといっても、お笑い芸人グループのロバートではありませんよ。


 

 

そんなこと、わかってるわよ!


 

 

冗談はさておき、炭水化物ダイエットは、米国のロバート.C.アトキンス博士が、炭水化物中毒の人のために考案したダイエット法で、炭水化物摂取量を制限することで血糖値をコントロールし、減量や体質改善を目指すものなのです。


 

炭水化物ダイエット、なぜ失敗する?

炭水化物ダイエットは、米国で提唱されたきちんとした理論のもと行われてきた方法であり、きちんとした方法で行えば、ちゃんと効果が期待できます。

 

それでは、なぜ炭水化物ダイエットはうまくいかなかったという人がいるの?

 

それは、きちんと正確に炭水化物ダイエットを行っていない、つまり間違った方法で炭水化物ダイエットを行っているからなのです。 よく誤解されているのが、炭水化物ダイエットというと単に炭水化物を抜けばよいと考えている人がいます。 しかし、米、パン、麺類、イモ類、お菓子などの炭水化物を抜いただけでは血糖値の低下や急上昇などが起こってしまい、かえって体調を崩す場合があります。 炭水化物は重要な栄養素ですので、抜くというよりも、少なくするのです。

 

炭水化物を完全に抜くとどうなっちゃうの?

 

炭水化物を完全に抜いてしまうと、精神的ストレス、肝臓への負担や、だるさやふるえなどの低血糖症状や体調を崩してしまう可能性があります。 また、炭水化物を急にとると、血糖値が急上昇を起こし、生活習慣病の原因になってしまうこともあります。